2014年02月15日

醤油と味噌と友達と

1年前に仕込んだ醤油を友達と搾りました

夏場は毎日かきまぜ

冬場は3日に1回は混ぜてました

たまに忘れましたが・・

1年も経てば

大豆と煎った麦と塩水だった物体は

ひき肉のとろみあるカレーみたいに

ドロドロになっていい香りを醸し出してました

写真 (11).JPG

それを

さらしの上に出して、ざるに乗せ

上に重石をおいて少しずつ搾ります

これが一番搾りです

このままだと生醤油

これを加熱殺菌すると日持ちする醤油になります

さらにさらしに残ったもろみを

手で搾ると2番搾り

これも味がまた違っておいしいです

写真 (8).JPG

今回、初めてやった醤油の味は・・

感動!衝撃!の味でした

あんなに醤油がうまいとは・・

香りや甘みが上品で

嫌味がなく角もたってなくてやさしい味でした

搾ったあとのもろみも煎るとふりかけにもなります

写真 (9).JPG

また一つ荒木家に手づくりのものが仲間入りしました

夢が叶いました!

この日は味噌も友達と一緒に仕込みました

大豆は友達が育てた無農薬のものと長浜の有機農家さんのものの

ブレンド

米麹も別のお友達の有機米からのものでした

写真 (6).JPG

写真 (7).JPG

食べごろが楽しみです

ここ高島ではあっちこっちで友達が味噌を仕込んでます

特別ではなく普通に仕込んでます

さすがに醤油はまだまだ少数ですが・・

経験を積んで荒木家の自給率をもっと上げていきたいです

自分たちの食卓を自分たちの手で

大切な家族で囲う・・

これが幸せの形ではないでしょうか・・

posted by soulive9 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388630135

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。