2014年07月17日

田植えもしておりましたのよ・・

わが子の誕生の6日前に

自然農法の田植えをしていました

たくさんの友達や勉強したーいという助っ人にきてもらい

午後から始めなんとか終わらせました

最後、用意した苗が足らないという不完全燃焼のトラブルもありましたが

子供たちも含め大人もワイワイ楽しくできたと思います

自然農は株間をあまり狭くしません

大きめにとって1本1本が分けつしやすくしていますし

草取りもしやすくしています、風通しもいいです

水もあまり深くまで入れません、ひたひたぐらいでとどめます

苗床の時点でスパルタ気味に育てているので、根の張りもよく

しっかりと活着して根をつかんでくれます

水が深すぎると分けつしにくい(茎がふえにくい)とも言われています

そんな田んぼは面積が約400u、4畝(せ)ほどです

端から端までロープをわたし、40センチのところに印をつけ

そこに苗をさしていきます

一列終わったら、40センチ、ロープを移動させてまた一列植えていきます

IMG_3517.JPG

腰も痛い、ふともももプルプル、つめに泥が入る、蚊が飛んでくる・・

大変やと思います

そうなんです

ご飯つくるのは大変なんです

でもどこかの誰かが毎日そうやって食べ物を作っています

ありがたいですねー

大人も子供もはだしになって

わーわー、言ってヘトヘトになって・・

そこには自然の中に人間がいて、命を光らせている

そんな光景に見えました

IMG_3525.JPG


IMG_3536.JPG

僕たちはいつからか便利になれ、楽になれ、見たくないものを

遠ざけてきてしまったのでしょうか

僕たちは経済生命体でも労働生命体でもなく

自然生命体のはず

優先すべき、還るべき場所は本来はこの田んぼのような

「いのち踊る」

ような所ではないでしょうか

田んぼという場所で友達が子供をつれてやってくる

大人と大人、子供と子供

稲と土と虫と人が溶け合って

そこに風がふいて、夕日が照らして

全身が重くて、疲れて

IMG_3541.JPG

・・・

・・・

・・・

そうやってできたお米を食べれる

わが子にも食べてもらえる

友達にも食べてもらえる

そしてまた

いのちが踊りだす!

だから田植えはやめられない

獣害にやられなければ秋の収穫もみんなでやりたいなぁ

楽しみに見回りしよう

みなさんはどこで命が踊りだしますかー?
posted by soulive9 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック