2015年01月22日

育児

明けましておめでとうございます

更新できない間に年を越してしまいました

それほどまでにあっという間の年末年始でした

子どもが誕生して初めて実家の大阪に帰ったり

渋滞に巻き込まれ滋賀に戻ったり

耐久性のない家の屋根に嘆き

雪下ろししたり

仕事では毎朝早くから出勤してお山の絶景を見ながら

マイナスの世界であくせく働いておりました

そんな日々のなか

やっぱり中心はわが子

子どもを中心に回っていきます

僕は子育てを相方と一緒にしたいので

(当たり前やと思うんですが)

少し早めに帰らせてもらい

子供と家事に関わることにしています

家事って内容はたいした事やないんですが

毎日毎日それがあると子供と一日中向かい合うお母さんは

むちゃくちゃ大変やと思います

冷え性であかぎれた手で何枚ものオムツを洗う

食器を洗う

洗濯物を干して取り込む

風呂掃除をする

部屋の掃除をする

毎日、毎日・・・

これに育児があり夜中も起きるとなると

とんでもなく大変です

なのでちょっとしたことでも

やるようにしています

それでもきっと足りないぐらいでしょう

女性と比べて体力と腕力があるのなら

男パートナーのやる事は外でせっせと

盲目的に資金を稼ぐことだけやなく

分業制にするのではなく

直接的に小さな人類と関わる

相方の助けとなることやないかなと

感じるようになってきました

予測不能、昼夜逆転の日々

母親はきっと不安で孤独

ご飯もトイレも子供次第

せっかく用意した熱々の昼飯も

お箸を握ったとたんに

赤子はウンチぶりぶり

おっぱいげろげろ

夜中も好きな時にギャーギャー

この母親の「疲れ」や「孤独」

を少しでも請け負うのが相方としての

重要な役割の一つやないかなと思うようになりました

そして

じーちゃん、ばーちゃん達の手厚い応援、フォロー!!

どれだけ救われてることか・・

何もかも子が僕ら親に教えてくれてます

僕らを親にしてくれています

ほんま人生がおもしろく感じるように

どんどんなってきました

そんなことを感じつつ

まだたどり着けぬ夢の家への妄想を膨らませ

藁納豆を仕込んだ一月中旬の日々なのであります

今年も荒木家・ki-mi-do-Reをよろしくお願いします!


IMG_5651.JPG

この屋根雪が全部落ちると
玄関前は1mほどの雪の壁ができてしまいます


うんかい.JPG

早くて5時には山頂へ。雲海や日の出が見れます。

nattou.JPG

味噌、醤油に続き、今年は藁納豆に挑戦
藁も大豆も自家製でーす

納豆悠歩.JPG

主人公・ゆうほ
6ヶ月になり寝返りしまくり
posted by soulive9 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412779481

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。