2019年06月10日

ついに夢の家と出会う

借家住まいの日々

仕事に子育てに農作業に大忙しでしたが

そもそも

友人の家づくりを手伝ったり

簡単な大工仕事が学べるワークショップに参加したりしていたのは

自分たちで夢の家に出会えたとき

リフォームしたいから!


2015年9月

僕の誕生日の日に市役所の移住促進課へ

「なんかいい物件ありませんかー?」

「あれ?荒木家さん、もう移住完了じゃないですかー?」

「いやいや、まだ借家ですから」

「あ、そうなんですね、もう移住終了と思って空き物件情報、提供を止めてましたー

(んな、アホな💢、情報欲しいって最初に言ってたのに・・・)

そんなやりとりのあと出された物件情報

全然期待してなかったですけど

「南向きに縁側・・・、南側に家庭菜園・・・、倉庫付き・・・」

(え、えーやん💓)

さっそく見に行くと家主さんも待機

立派な2階建ての家屋で20センチ超えの太さの大黒柱

胴回り1m以上もある自然木の梁

たくさんの部屋

すぐに相方と頭の中にリフォーム後のイメージがわきました💡

とうとう念願の夢の家に出会えた瞬間でした。

IMG_8070.JPG

IMG_8361.JPG

IMG_0183.JPG
posted by soulive9 at 22:16| Comment(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: