2015年07月01日

田んぼ、田植え、時々、畑・・

農が深まる季節になりました

4月に苗代を作り

大事に育てた苗を今年も友達と植えました

今回は実験的に半分はポットに土を入れ

そこに種籾を降ろしました

IMG_6448.JPG

残り半分は例年通り、土に直蒔きしました

理由はポットなら土から鍬ではがして

一つ一つばらさなくてもいいという事です

ただ、後にこの半分に分けたやり方がえらいことになります・・

順調に苗は育ちいざ田植えへ

ちょうど梅雨の合間の晴れた時期で絶好の田植え日和でした

品種はいつもの晩生(おくて)のトヨサト

葉っぱが5枚ぐらいにまでなって植えました

IMG_7166.JPG

これだと人間で言うと青年

赤ちゃんではないので少々の環境の変化にも強いです

さて、順調に植えて小さな5畝(せ)の田んぼの3分の1まできたところで

まさかの苗足りず!!!

たった3分の1

うすうす「少ないかなぁ」と思ってたものの

ここまでとは・・

原因は半分ポット苗にしたときに

いつもの直蒔きの感覚とズレて計算ミスしていたことでした

IMG_7201.JPG

そうそうに終了し、みんなでランチにしました

申し訳ない田植えになってしまい、しかも苗もない!

すぐに知り合いに連絡しまくりなんとか中生(なかて)のイセヒカリをいただける事に

後日、また友達に手伝ってもらいなんとか終了

バタバタの田植えになりました

しかも2回目はわが子を背負っての田植え

おとなしく背中で寝てくれていました

去年の今頃は出産直前でした

今年はわが子と田植え

ちゃんと田植えデビューもさせましたし!

IMG_7232.JPG

記憶に残る田植えとなりました

みなさん、ありがとうございました!感謝です

IMG_7196.JPG

この田んぼと同時にGW後に畑も借りました

小さな畑ですがずっとやりたくてうずうずしていました

仕事の行き帰りに通い、少しずつ草を刈り

畝をたて、囲いを作っていきました

友達からもらった種などをまき丁寧に面倒をみました

トマト、ナス、かぼちゃ・・

勢いと限られた時間でバタバタと用意した畑は

どこか窮屈そうやけど

(急に借りれたので蒔き時が過ぎつつあったのです)

なんとか間に合わせていきました

目標は自給率UPとお世話になった人に届けること

来年以降の安定を目指し、世話をしていこうかなと思います

息子も畑デビュー

もう1歳です

早い・・。

では。

IMG_7252.JPG

IMG_7275.JPG


posted by soulive9 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

脱穀2014 日没との戦い・・

天日干ししたトヨサトは

鳥除け、猿よけ、鹿よけネットに守られ

無事、乾燥

IMG_5328.JPG

昨年の高島災害で被災された農家さんから

譲って頂いた足踏み脱穀機を修理

今の仕事先の先輩から譲ってもらった

唐箕

これらを使って脱穀作業をしました

IMG_5331.JPG


IMG_5372.JPG

脱穀機を踏んで、踏んで籾だけをとります

ザルで漉して大きなゴミを取り除きます

唐箕にかけて風をおこして細かなゴミをとります

IMG_5375.JPG

そうしてもみつき米が約100キロほどとれました

あとはこれを籾摺り機にかけて玄米の状態にすれば

いつでも食べれます

ワクワク

今回のこの作業は日没との戦い

手元、足元が見えなくなると厳しいので

最後は駆け足でした

この作業も相方とわが子に見届けてもらえました

IMG_5333.JPG

手づくりの食べ物を家族で食べれる

子どもに食べてもらえる

また夢がかないました!
posted by soulive9 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稲刈り2014

わが子が産まれる3日前に

助っ人さんたちと一緒に手植えしたお米が

とうとう収穫の頃となりました

IMG_5156.JPG

8月の日照不足、新しい土地とあってか

今年のトヨサトは分けつも弱く、茎もやや細め

背も低くて、粒も小さめでした

でも何度も襲ってきた台風にびくともせず

鹿や猿にもやられず無事にここまでくることができました

みなさま、ありがとう

IMG_5181.JPG

今年は米とわが子と同時進行だったので

人生でも記憶に残るシーズンとなりました

どちらもものすごい速度で成長していきました

そこには生命の爆発と輝きがありました

それはもうこちらが世話をするというものではなく

見守るということでもなく

小さいけれど、こちらが煌々と照らされて

暖められて、包まれているような

生かされているような実感を与えてくれる

そんな存在だと思いました

米作りも子育ても

たくさんのことを感じさせてくれます

ほんま日々豊かです

ありがとう

IMG_5164.JPG
posted by soulive9 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

寒くても、暑くても

今年は日照不足と温度不足

米に元気がありまへん

かぼそい1本植えで田植えしたトヨサトは

それでもそれでもがんばって

こんなに大きくなりました

IMG_4383.JPG

7月しか夏らしくなかったのでは

我が子のためにエアコン買ったけど

ほとんど使わず

まーいいでしょう

一足早く

トヨサトの隣に植えたコシヒカリは穂がたれ始め

稲刈りをまっています

IMG_4546.JPG

あとははざがけする干し台の竹を調達せねば

今年の米は冷夏の米

うまくとれたらしっかり味わおうっと

食べ物と自然に感謝

それでも米は命をもたらす

寒くても、暑くても

つよい、つよい

見習わねば〜

IMG_4428.JPG
posted by soulive9 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

田植えもしておりましたのよ・・

わが子の誕生の6日前に

自然農法の田植えをしていました

たくさんの友達や勉強したーいという助っ人にきてもらい

午後から始めなんとか終わらせました

最後、用意した苗が足らないという不完全燃焼のトラブルもありましたが

子供たちも含め大人もワイワイ楽しくできたと思います

自然農は株間をあまり狭くしません

大きめにとって1本1本が分けつしやすくしていますし

草取りもしやすくしています、風通しもいいです

水もあまり深くまで入れません、ひたひたぐらいでとどめます

苗床の時点でスパルタ気味に育てているので、根の張りもよく

しっかりと活着して根をつかんでくれます

水が深すぎると分けつしにくい(茎がふえにくい)とも言われています

そんな田んぼは面積が約400u、4畝(せ)ほどです

端から端までロープをわたし、40センチのところに印をつけ

そこに苗をさしていきます

一列終わったら、40センチ、ロープを移動させてまた一列植えていきます

IMG_3517.JPG

腰も痛い、ふともももプルプル、つめに泥が入る、蚊が飛んでくる・・

大変やと思います

そうなんです

ご飯つくるのは大変なんです

でもどこかの誰かが毎日そうやって食べ物を作っています

ありがたいですねー

大人も子供もはだしになって

わーわー、言ってヘトヘトになって・・

そこには自然の中に人間がいて、命を光らせている

そんな光景に見えました

IMG_3525.JPG


IMG_3536.JPG

僕たちはいつからか便利になれ、楽になれ、見たくないものを

遠ざけてきてしまったのでしょうか

僕たちは経済生命体でも労働生命体でもなく

自然生命体のはず

優先すべき、還るべき場所は本来はこの田んぼのような

「いのち踊る」

ような所ではないでしょうか

田んぼという場所で友達が子供をつれてやってくる

大人と大人、子供と子供

稲と土と虫と人が溶け合って

そこに風がふいて、夕日が照らして

全身が重くて、疲れて

IMG_3541.JPG

・・・

・・・

・・・

そうやってできたお米を食べれる

わが子にも食べてもらえる

友達にも食べてもらえる

そしてまた

いのちが踊りだす!

だから田植えはやめられない

獣害にやられなければ秋の収穫もみんなでやりたいなぁ

楽しみに見回りしよう

みなさんはどこで命が踊りだしますかー?
posted by soulive9 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。