2015年07月01日

絆創膏をはがすんだ

IMG_3632.JPG

育児をしていて

気づいたこと

父親、母親のベースになっている

自分自身

自分個人

の犠牲ということ

父である前に

母である前に

僕らは

アラキユウスケとアイウラユウコ

その部分でどんどん愛しい我が子を受け入れてきたと思います

何もかもわが子の為

何もかもわが子をみてくれる夫のため

何もかもわが子をみてくれる妻のため

それは気づかぬうちに呪文のように僕たちを束縛していたようです

「これは言っちゃいけない」

「これはやってはいけない」

「これは我慢しなくちゃいけない」

「これは相方のため・・」

それによって小さな無数の傷がこころに増えていったようです

それをまた絆創膏をはって

耐えて、我慢して・・

行き着く先は「マヒ」でした

何が我慢で、どこに傷があるのかもわからず

我が子や相方の前では笑うのが当たり前

愛して当たり前

やって当たり前

できて当たり前

でもね、でも・・

そんな単純やないんです

絶対、無理がでる

いつかマヒに気づく

そして1歳の誕生日を節目に僕たちは気づき始めました

自分たちの絆創膏をはがして、どこに、どんな傷があるのか

みせなくちゃいけないって

梅雨の悪天候も重なって2人ともダウン

余裕でやってることも

家族のためと思ってやってたことも

お互い

つらかったんや、悲しかったんや、我慢してたんや

次から次へと絆創膏がでてきてはがしていきました

マヒしてるのでどこに貼ってあるのかもわかりません

2人でワーワー泣きながら引き出していきました

子供に気を使う以上に

お互いに気を使っていたようです

やさしすぎて、やさしすぎて

悲しくて、悲しくて

そして話しきるとどっと疲れて眠るのです

夜泣きがきて

また朝をむかえ

仕事にいき

帰り

また話すのです

そこに田植えと畑もありました

僕らは激動の1週間を過ごしていました

4月のブログに

「まずは自分自身がしあわせに・・」

と書いたのですが

僕自身もできていませんでした

夫婦の距離、子供との距離

父性・母性と自分個人の距離

適切な位置を取りたいと話し合いました

きっとこれらは子供がいなくても

僕らの課題だったのでしょう

息子を通して

大きな転換期となりました

傷は絆創膏ではなく見せて治す

とても大事な作業です

そこでお互いの気持ちをちゃんと言葉で伝え合う

子をとおして気づきました

子供ってすごい

ありがとう、悠歩・・


先日、京都にいきました

押し殺していた個人の気持ちを正直に表に出して

動きました

相方はとても幸せそうでした

欲しいものを買い、食べたいものをたべ

しっかり僕に新し話をしてくれました

個人がまた動き始めました

まずは自分自身が幸せに・・

そう、そうなんですよ、やっぱり・・。

IMG_7003.JPG

posted by soulive9 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

春がきました

IMG_5794.JPG

IMG_5722.JPG

この世界にでてきて9ヶ月が経ちました

「産まれて初めての」

に囲まれた毎日

ルーティーンなんてなくて

何もかもが刺激的

床も

壁も

水も

ペットボトルの蓋も

机の上のメガネも

CDも

いろんなものに全力でハイハイしていきます

そしてとびっきりの笑顔で「初めて」を噛みしめています

今ではつかまり立ちをマスターして目線がさらに上に

また彼の世界が広がっているようです

彼の世界は僕らが思っているよりずっと広くて

ずっと深い

ずっと刺激的で

ずっと眩しい

僕はこの光に包まれたわが子の

眩しいばかりの世界をできるだけ壊したくない

邪魔したくない

そう思うようになりました

そして家族の為に生きるという

新たな使命感がますます出てきました

それは犠牲ではなくまずは自分自身が幸せになること

耐えるのではなく、楽しむこと

いつの日か

そんな生き方もあるんやと

感じて欲しいと思います

さて

高島も春めいてきました

お山の仕事

冬のシーズンも無事終わり

雪ともおさらば

3月は腰痛に悩まされましたが

徐々に良くなりました

残雪のなか春夏の準備も始まりました

バタバタです

念願の薪割り用のオノも手に入れ

気持ちよく薪割りもし

田んぼの獣害対策のネットを張り

溝を掘り

種おろしに備えました

さぁ、またまた自然の命の爆発が始まります!

家族で楽しんでいきまーす!!

IMG_3123.JPG



posted by soulive9 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

育児

明けましておめでとうございます

更新できない間に年を越してしまいました

それほどまでにあっという間の年末年始でした

子どもが誕生して初めて実家の大阪に帰ったり

渋滞に巻き込まれ滋賀に戻ったり

耐久性のない家の屋根に嘆き

雪下ろししたり

仕事では毎朝早くから出勤してお山の絶景を見ながら

マイナスの世界であくせく働いておりました

そんな日々のなか

やっぱり中心はわが子

子どもを中心に回っていきます

僕は子育てを相方と一緒にしたいので

(当たり前やと思うんですが)

少し早めに帰らせてもらい

子供と家事に関わることにしています

家事って内容はたいした事やないんですが

毎日毎日それがあると子供と一日中向かい合うお母さんは

むちゃくちゃ大変やと思います

冷え性であかぎれた手で何枚ものオムツを洗う

食器を洗う

洗濯物を干して取り込む

風呂掃除をする

部屋の掃除をする

毎日、毎日・・・

これに育児があり夜中も起きるとなると

とんでもなく大変です

なのでちょっとしたことでも

やるようにしています

それでもきっと足りないぐらいでしょう

女性と比べて体力と腕力があるのなら

男パートナーのやる事は外でせっせと

盲目的に資金を稼ぐことだけやなく

分業制にするのではなく

直接的に小さな人類と関わる

相方の助けとなることやないかなと

感じるようになってきました

予測不能、昼夜逆転の日々

母親はきっと不安で孤独

ご飯もトイレも子供次第

せっかく用意した熱々の昼飯も

お箸を握ったとたんに

赤子はウンチぶりぶり

おっぱいげろげろ

夜中も好きな時にギャーギャー

この母親の「疲れ」や「孤独」

を少しでも請け負うのが相方としての

重要な役割の一つやないかなと思うようになりました

そして

じーちゃん、ばーちゃん達の手厚い応援、フォロー!!

どれだけ救われてることか・・

何もかも子が僕ら親に教えてくれてます

僕らを親にしてくれています

ほんま人生がおもしろく感じるように

どんどんなってきました

そんなことを感じつつ

まだたどり着けぬ夢の家への妄想を膨らませ

藁納豆を仕込んだ一月中旬の日々なのであります

今年も荒木家・ki-mi-do-Reをよろしくお願いします!


IMG_5651.JPG

この屋根雪が全部落ちると
玄関前は1mほどの雪の壁ができてしまいます


うんかい.JPG

早くて5時には山頂へ。雲海や日の出が見れます。

nattou.JPG

味噌、醤油に続き、今年は藁納豆に挑戦
藁も大豆も自家製でーす

納豆悠歩.JPG

主人公・ゆうほ
6ヶ月になり寝返りしまくり
posted by soulive9 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

ゆうすけ と ゆうこ と ゆうほ

IMG_4548.JPG

3人での新生活

もうすぐ3ヶ月です

生活が激変しましたが

慣れてきました

帰宅して変わったのはまず靴脱いでそろり足

ドカドカ歩くと寝かしつけていた悠歩どんを起こしてしまいます

お菓子の袋をあけるのもそろーっと

くしゃみするのもマナーモード

オナラもサイレントモード

IMG_4570.JPG

相方と協力して、ご飯用意したり

洗濯物たたんだり、お風呂いれたり

あわただしく過ぎていきます

2550gで産まれた悠歩どん

今は5000gぐらい

でかくなりました

少し目が腫れてぱっちり二重が片方だけ一重に

毛も濃くなって

手足もしっかりプニプ二

声のバリエーションも増えて

表情もかわってきました

声量もUPで泣き声がひびくひびく・・

IMG_4526.JPG

我が家にやってきた小さな王様は

従順なしもべをしたがえて

乳くれ、しり拭け、めやに取れ

と絶対王政をひいておりやんす

それでもフランス革命が起きないのは

このほほえみにやられるからでありまっす

IMG_4529.JPG

3人でなかよくがんばろうねー
posted by soulive9 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

1ヶ月すぎて

IMG_4076.JPG

IMG_3967.JPG

1ヶ月過ぎて

すくすく育ち

丸々と太ってきました

首の動き、手足の動きも大きく

強くなり

目の力もぐっと出てきました

どんな世界をみてるやら・・

おかーちゃん、おとーちゃんは寝不足ですよ

でも

とてもかわいいわが子

いい顔です

IMG_3919.JPG


posted by soulive9 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

丸は男の子でした

27日の新月の夜

少なくなってしまった羊水の影響で

お腹の張りや、陣痛の収縮に

丸がストレスを感じて心拍が低下することがある

28日に帝王切開で安全に出してあげましょう



言われた

と相方から連絡が

いつも、いつも病院は突然に大きなことを伝えてきます

しかも「明日」とか「すぐ」とか

しかも「丸がでてくる」と「だしてあげる」とでは主語が違います

主役も違ってしまいます

でも電話でじっくり話し合って、心を落ち着かせて、受け入れることにしました

「ああ、明日あえるんやー」

なんか不思議な感じでした

その夜は眠りが浅かったです

10338246_416617538477954_5551483054183689249_n.jpg

28日、朝起きて病院へ

10494852_416617541811287_5673059580853729571_n.jpg
ソワソワ・・・


到着していつも通り病室に入るとなんと陣痛が始まってました

出すと決めたとたん自然の陣痛が

丸がでたがってるんや!!と思いました

どうやら早朝5時から陣痛が始まってたみたいです

部屋を移動し音楽をかけてあげて腰や背中に手当てをしてみたり

悶絶する相方をただただ見つめるだけでした

10414878_416617535144621_6472563851018922173_n.jpg

そのうちお腹につけている赤ちゃん用の心拍モニターが

激しく動きはじめました

心拍が安定しません

先生は僕たちが陣痛を経て普通分娩をしたいという希望を

知ってくれていたのでギリギリまで様子を見ることにしました

11時頃まで、様子をみましたが陣痛の大きな波に

相浦ちゃんも顔をゆがませ、そんな中でも

お腹の丸に話しかけなでていました

でも心拍が安定しません

産まれでる直前なら大丈夫な範囲らしいのですが

陣痛の初期段階でこれだけ乱高下を出してしまうと

リスクが高いらしいのです

結局、先生と話をして帝王切開に切り替えました

あっちゅうまに看護師さんと先生がたくさんやってきて

全然段取りよくないまま(笑)相浦ちゃんを搬送

(どんだけバタバタやねん、こっちが焦るやんけー)

スタッフにたくさん囲まれた相方とじっくり会話することもなく

手術室へ突入していきました

嵐のような展開にあっけにとられ

噛みしめる時間もありませんでした

その後、他のスタッフさんと病室がかわる為

荷物の引越しをして、あとは待ち続けました

10462675_416617901811251_3382156151373031340_n.jpg
外をみてソワソワ・・・


40分程して

「無事うまれましたよー、どうぞこちらへ」

と通されていくと

産まれたばかりのわが子・まるさんが体重や身長をはかっていました

10492212_416617791811262_4055331002823311414_n.jpg

手足がしわしわで、足がなんか大きくって

頭が奥に長くって、髪の毛がたくさん生えてて

もみあげがけっこう濃くて

目がすごい大きかったです

泣き声も高音ではなく横に響く感じで

角のない丸い声でした

しばらくその様子に見入って

身体が震えてくるのが分かりました

そして、ようやく

「あ!どっちですか?」

と肝心の質問をしました

男の子でした

12月ごろはなんでか女の子と思い

名前も女の子ばかり浮かんでいましたが

春ごろからは男の子のような気がしてました

不思議に当たるもんですねー

写真をとって、抱かせてもらい

保温マットがひかれた小さいベッドにのせられた

丸と15分ほど2人っきりにしてもらえました

10426617_416391561833885_1395377488224702459_n.jpg

おしめして、服をきて、帽子もかぶせてもらいました

顔を近づけて

「おとうちゃんやで・・、おとうちゃんやで・・」

とささやきました

赤子特有のにおい、透き通るような肌

自分の全てを見透かされているかのような

深い大きい眼

小さくてシワシワの指

ようやく対面できました

かわいいし、やさしそうです

命のかたまりが、そこにあって

僕を照らしてくれているようでした

しかし、泣くになけません

周りにはスタッフさんがうろうろ仕事をしています

感無量でじーんとくる気持ちを噛みしめてそこを離れました

しばらくして両親が到着、相方の家族にも連絡して

みんなでお祝い

とにかくほっとしましたー

10410460_416617811811260_963132501001234785_n.jpg

丸も気になりますが、相浦ちゃんも心配

ソワソワします

ようやく病室に戻ってきた彼女と対面して

本当に長い間よくがんばったと声をかけて

感謝を伝えました

そこで2人して泣きました

あの子もとても幸せそうでした

「いろいろあった妊娠期間と自問自答の日々やったけど

産まれてきてくれたら、それだけでいい

わたしは全てを受け入れて、わかった」

と聞いて感動しました

ほんますごい人です

その後、産まれた丸も小さいベッドで到着して

相浦ちゃんのベッドに移して添い寝

僕は見るだけ・・

うらやましいー

術後の検査と丸の検査も頻繁にあり

何度も退室しないといけませんでした

途中、緊張が解けた僕は眠気がすごくて

あの子のベッドでもたれて眠りました

夕方になり、彼女も術後の熱がでてきたので

ひとまず帰ることに

とっても濃くて

とっても幸せな一日になりました

これからが大変なのでしょうが

幸せが一つ増えたことには間違いないです

また夢がかないました

家族3人

わらって過ごせますように

僕にはその自信があります

このみなぎる力はすごいですね

おとうちゃんがんばるでー

そして

応援してくれたみなさん

本当にありがとうございました

たくさんの気づきを貰いました

これからもよろしくお願いします

あらきゆうすけ
posted by soulive9 at 09:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

予定日に・・

早朝、サッカー日本代表が

コテンパンにコロンビアにやられていた

この6月25日

ずっと前からひとつの節目として

待ちに待っていた日でした

計算上はお腹の丸の誕生日

出産の日でした

しかし、かなりお腹が下がってパンパンになっているものの

前駆陣痛が少し続く程度

どうやらまだお産は、陣痛はなさそうです

ということで

外出許可をもらい友達の家へ

写真3.JPG

石山寺の山奥で素敵な暮らしをしている

なっちゃんとゆきちゃん

身体を緩めてリラックスできる

シンギング・リンという施術をしてもらいました

写真4.JPG

お鉢を身体にのせ、叩いて響かせ、その細かい振動を身体に伝え

心身をゆるめるものらしいです

これが、隣で見て、音を聞いてる僕が爆睡(笑)

妊婦さんと赤ちゃんにとってもいいものだそうな

僕にもよかったです

終わったらゆきちゃんのおいしい手料理をいただいて

しばしの病院食からの解放

気分は脱走患者のようでした

もう6週間・・・

ほんまよく2人でがんばってくれてます

出産を楽しみにしてくれている友達と別れ

病院近くに戻りカフェへ

琵琶湖を眺めながら、しばしのお茶会

写真1.JPG

あれこれ話をして楽しみました

「男の子かな、女の子かな」

「いつ陣痛かな」

「どんな顔かな」

話はつきません

病院に戻り、再びいつもの病室のベッドへ

お腹の丸に挨拶をして帰りました

でっぱったお腹をなでるのも

話しかけるのも

もう終わりかも

何もかもが劇的に変わるはずです

もうすぐ

いよいよ

かみさま

どうか

どうか

ぶじにうまれてきますように

今夜も独り「待つのみ」

の僕です・・

写真.JPG

母は何を思ふ・・
posted by soulive9 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

まさかの・・

そんなこんなでお神輿のたたり?の風邪で

マスクをして声をからして

ヘロヘロになっていた5月の中ごろ

何気なく病院に相方と妊婦健診に行くと

「はい、明日から入院で〜」

なぬ!?

なぬっっ!!?

赤ちゃんが小さすぎるので安静にして過ごして

大きくしましょうー

という事でした

小さい相方やねんし

子も小さいやろー、普通やろーって思ったり

家で安静にしますから、と伝えても

ダメ!と

一緒に来てくれていた助産院の先生も入院がいいと

色々、考えることはありましたが

先生方の意見を受け入れることに

助産院でお産をしたい

自宅でもお産がしたい

と思い過ごしてきましたが

ここで撃沈

でもね、でも

すごくいい妊娠期間を一緒に過ごせてこれました

子供がたくさん教えてくれました

人から聞く話、本で学ぶ話、実際のわが子、相方の体調

理想と現実、思い込みと考えすぎ・・

そして

まだ見ぬわが子への期待と不安

大丈夫かなー、ちゃんと出てくるかなー

・・・

ほんまに色んな気持ちが交錯します

子供の成長は、僕ら夫婦を親に変身させていきます

こんな感情は今までになく、新鮮で感動的です

だからもう

助産院とか病院とか、どっちでもよくなってきて、

ただただ無事に生まれてきて欲しいと深く思うようになりました

基本に戻りました

それも、これも僕よりもずっと先に相浦ちゃんが悟っていました

彼女から病院でその心の落ち着きを伝えられて、はっとしました

友達であり、妻であり、相方であった彼女が、

「母」

になってきてるとはっきりと分かった会話でした

人ってすごい

家族ってすごい

子供ってすごい

僕はお腹の丸も

相方も、とても尊敬しています

力強く、命を輝かしています

今週で入院4週間目

もうすぐ家族は一つになります

一つ屋根のしたに集合します

もうすぐ・・

もうすぐ・・

posted by soulive9 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

お腹が命でパンパンだ

IMG_2975.JPG

IMG_2980.JPG

またもや雪にやられましたが

先日

助産院にて健診と勉強会

丸も元気に心臓を響かせ安心しました

大きくなったお腹の真ん中、へそあたりにいるのかと

おもっていましたが

それは子宮全体の膨らみであって

丸の直接の大きさではないらしいです

男の僕にはそういう知識すら欠けています

実際はへそより下の左の腰寄りに今は住んでいるみたいです

IMG_2996.JPG

そこが居心地いいんやろかー・・

話しかけるとき、僕はへそに話しかけてたけど

見当違いでした、あららー

勉強会は母乳育児の為のマッサージや心構えについてでした

これも男子の僕には新世界

知らないことばっかりで驚いていました

最後は授乳の姿勢やおしめの換え方を習い終了・・

正直、まったくできそうな気がしません・・

やる気だけはありますが

おっぱいも出ませんし

でもなんか、もうすでにおしめ換えるときにおしっこかけられる

のを想像してるだけでも楽しみです

わーわー、ぎゃーぎゃー、いうんやろなーって思います

丸も初めての人生を歩みます

僕らも

丸がいる初めての人生を歩むことになります

僕らがおって丸は「子供」となって

丸がおって僕らは「親」となります

そして新しい家族が歩み始めます

今までの楽しかったこと、うれしかったこと

であったこと、悲しくて、つらかったこと・・

全ては丸に行き着いて、この子を育てて、逆に育ててもらって・・

そう思えるようにもなってきました

でてきたらたくさん遊びたいです

親の僕らを伝えたいです、全身で

自然も伝えたいです、動物や虫や植物も

友達や両親たちにも触れ合ってほしいです

そうやって

丸に幸せを伝えてあげたいです

あー、たのしみだ

IMG_2999.JPG
人形の顔がちょっとこわい・・

posted by soulive9 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

大人も子供も育つもの

遅くなりましたが

明けましておめでとうございます

相方のブログやfacebookでもおしらせしたように

今年は家族が増えることになりました

間違いなく

今までの人生の中で大きな転換期になるでしょう

嬉しくて毎日子供のことばかり考えています

父性ってだんだん芽生えてくるもんですね

この世界にでてきたら

早く一緒に遊びたいです

そう思って日々過ごしています

相方は産休中なので

今は僕だけの収入が頼りです

でも不思議と辛くもなくしんどくもないです

力がみなぎっています

働くお父さんってすごいですね、笑

そんなこんなで毎日早起きして雪山にいっております

雪かきも慣れてきました

6時ごろには帰宅して薪風呂で温まり

ご飯を食べると睡魔が襲い、10時には寝てます

なのであっというまに時間がすすんでいきます

帰ってきたら相方のお腹に話しかけて

今から僕の声を子供に覚えてもらってます

ビジュアルも教えてます

「ひげとめがねの人はお父さんやから人見知りせんといてな」



健康に無事生まれてきますように

早く相浦ちゃんの体調も安定しますように・・・

では
posted by soulive9 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする